So-net無料ブログ作成

宮廷のみやび 古筆の魅力を体験 [かなの美を求めて]

東京国立博物館 特別展

「宮廷のみやび!ー近衛家1000年の名宝」 を見に行ってきました

 

「倭漢抄」 「大手鑑」 「御堂関白記」などの 国宝 作品19点(前期)のほか 

宮廷貴族による王朝文化からうみだされた書跡の名宝が たくさん展示されていました

特に昭和50年に発行された 「伝藤原行成筆 御物和漢朗詠集 粘葉本」 の複製本を

持っています私は 今回 その本物をはじめてみることが出来ました 

今では 宮内庁三の丸尚蔵館 所蔵になっておりますので 「御物」はつかないで

「粘葉本和漢朗詠」と展示されていました 見開き2ページだけでも 超高額だとか

 

 

見た後 表慶館(下の写真)で 

一般向けワークショップ 

「古筆の魅力を体験! 唐紙摺りと散らし書き」に参加してきました

http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=C01&processId=00&event_id=4965 

 

「古筆の魅力~料紙と散らし書きを中心に」 

大きな画像を見ながら判り易い解説を聞いた後

 平成館へ移動

特別展見学 

特に料紙の美しさと散らし書きの古筆を 解説を伺いながら見学

 

 表慶館に戻り

唐紙摺りと散らし書きに挑戦

まず 唐紙摺りに挑戦

 

    よく溶かした胡粉をうすく バットによく伸ばし 

 

    唐紙文様の版に ムラなくローラーで胡粉をのせる

 

 

 

 

 

 

 

      好みのぼかしの和紙を版の上にのせる

 

 

      のせた和紙の上をバレンで強くこする  (写真の上の方)

 

       和紙に文様がついたら 丁寧に和紙をはがす

 

 

 

     出来上がり

 

      獅子二重丸文様

 

         花欅文様

 

 

 散らし書きの練習

 

 

 

     

 自分が摺った唐紙に書く

展覧会の古筆作品を写して優美な散らし書きに挑戦することになっておりましたが

下は 新古今集の歌

ほのぼのと 春こそそらに 来にけらし 天のかぐ山 かすみたなびく

後鳥羽院の歌を 自由に書いてあります

 

少しですが 書き上げた カレンダーの上部や散らし書き作品

 

  カレンダーを仕上げる

用意されていた摺りあがった小さな料紙に 言葉を書いて

作品にしたのを ほとんど完成されているカレンダーに貼って

マイカレンダーの出来上がり

 

 

 

このカレンダーの裏は ↓をクリックしてみてください 

http://www.asahi-net.or.jp/~ta9k-tys/syo-nani.html

 

約2時間 とても親切な判り易い解説 優しいスタッフの方々の指導に嬉しく思いました

平安時代の素晴らしい古筆のお料紙の出来上がるまでを 貴重な表慶館で 短時間で

体験でき大感激で帰ってきました

 

 

 

 

 

 


nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 11

コメント 9

Baldhead1010

和紙作りにも挑戦してみませんか?^^
by Baldhead1010 (2008-01-07 20:22) 

penpen

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ちょうどニュースで近衛家名宝展を見ました。唐紙摺りも体験なさったのですね。今見たらもう受け付けは終了のようですね。素敵な紙にsanesasiさんの書がますます映えますね。
by penpen (2008-01-07 21:45) 

成る程、唐紙摺りは胡粉を使うのですね!
胡分というと日本画の絵の具というイメージが強かったです。
胡分をすり潰して団子を作る作業が、結構面倒でした。(苦笑)
by (2008-01-08 00:11) 

さねさし

Baldhead1010 さま お近くに和紙を漉くところがおありなんでしょうか
高知の紙で宇陀紙という画箋紙によく書いていた時がありました 


penpenさま こちらこそよろしくお願いいたします とても楽しいワークショップでした もう一度後期に名宝展に行きたいと思っています


lapis さま 同じ版でも胡粉に色を混ぜるとまた違った唐紙に仕上がって 華やかになり 書も華やかさに会うように 派手な文字になったりするのではと思います 平安時代に書くまでのお料紙の加工に相当のエネルギーと費用が費やされていたようで 書き出すと早く一気に書けますが 失敗しないように 準備集中力が大変だったと思います 貴族の方で能書家でなければ書かせていただけなかったようです  
by さねさし (2008-01-08 20:12) 

新年早々、雅ですね~。
唐紙摺りというんですね。初めて見せてもらいました。
実物を拝見したです。この紙もまた、雅な柄ですね。
今年もご活躍をお祈りしております。
by (2008-01-08 22:10) 

aranjues

すばらしい体験をなさいましたね。
自分で摺った紙に書いたかなのマイカレンダー、素敵です。
by aranjues (2008-01-09 13:05) 

さねさし

こぎんさま ありがとうございました 昔は ほんとにみやびだったんですね
最高のみやびのものが 大事に大事にされて残っていて 今見ることが出来る幸せを感じます 和紙などを作る技術も 書き手も当時を越えることが出来ない悲しさも感じますが
by さねさし (2008-01-09 16:44) 

ムーミン

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
マイカレンダー、素晴らしいですね。
唐紙摺り、というんですか。
平安時代から伝わっているなんて、始めて知りました。
貴重な体験をされたんですね。
今年もよろしくお願いします。
by ムーミン (2008-01-10 19:51) 

さねさし

aranjues さま ありがとうございます 3枚摺って 1枚は会場で書いてしまって(ほのぼのと・・・・の写真 ) 後2枚(文様の写真)は もったいなくて大事にしまいこんでおります


ムーミンさま あけましておめでとうございます
唐紙は中国の唐の時代にすでに日本に伝えられ日本でも作られるようになりました 絹よりも和紙は1000年経っても美しく残っています ただ唐紙は触ったりするたびに剥落しますので 展示中の古筆も書いた墨の文字も見えなくなったところがあります
by さねさし (2008-01-10 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0