So-net無料ブログ作成

子規庵 [俳句]

東京根岸 子規庵へ 

DSCN1506.jpg

 

 

DSCN1503.jpg

DSCN1500-1000.jpg

  DSCN1507.jpg

 

 

DSCN1508.jpg

 

 

玄関を入るまでは 写真はOKでしたが 部屋 お庭などは撮影禁止

 

ビデオ5分ほど見たあとボランテアの方のお話をきき

子規の寝室にある机の上の芳名録に署名してゆっくりと 展示資料など拝見

とてもこじんまりとしたお家 お部屋いっぱい有名な方たちが集まられて句会 

歌会が催されたとか  

来庵者でこの日はたくさんの方たちで溢れそうでした

私がが訪れた日 4月2日 

明治33年4月2日に 子規が詠まれた歌

「詩人去れば歌人座にあり歌人去れば俳人来り永き日暮れぬ」

 

部屋かおら庭を見ていると 小さな辛夷の木に挿してあった柑橘を

メジロやヒヨドリが啄ばむでいました

子規が眺めておられた小庭には水仙の花 菜の花 ボケの花美しく 

蕗の薹はちょっと薹がたっておりました 

 

 

↓子規庵 HPへ

http://www.shikian.or.jp/

 

子規庵の 前あたりに猫ちゃんが

DSCN1499.jpg

帰る途中 素敵な根岸小学校

DSCN1570.jpg

子規の句碑が ↓

DSCN1493.jpg

    「雀より鶯多き根岸哉」 子規

DSCN1504.jpg

上の写真を大きくしてみました 写真をクリックすると大きくなります

 

4月4日 NHK 教育テレビ 俳句王国 番組で

「山笑う」の季題で子規の俳句

「故郷やどちらを見ても山笑ふ」 紹介されていました ↓

http://www.nhk.or.jp/haiku/tamakotoba/index.html

 

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0