So-net無料ブログ作成

歌会始 「岸」 [短歌]

新春恒例の宮中行事  皇居・宮殿 松の間で 「歌会始の儀」 

NHKでの放映をみました

 今年のお題は「岸」

約1万9000首の応募に 入選者10人 

召人 堤清二さん 選者 永田和宏さんの歌 に続いて

皇族方々 皇后様 天皇陛下のお歌が披露されました 

平成二十四年歌会始御製御歌及び詠進歌は ↓ をクリックすると見られます

http://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/pdf/utakai-h24.pdf

天皇陛下の御歌

「津波来し時の岸辺は如何なりしと見下ろす海は青く静まる」

皇后様の御歌

「帰り来るを立ちて待てるに季(とき)のなく岸とふ文字を歳時記に見ず」

胸に迫るようないいお歌と感慨深く聞かせていただきました

入選歌では

福島県 澤邊裕栄子さん
「巻き戻すことのできない現実がずつしり重き海岸通り」

奈良県山﨑孝次郎
「相馬市の海岸近くの避難所に吾子ゐるを知り三日眠れず」

など 感動いたしました

DSCN4220-500.jpg

 ↑ は日比谷の出光美術館から見下ろした皇居のお堀です


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トラックバック 0