So-net無料ブログ作成

かな書を楽しむ (俳句を書く) [書道]

市の生涯学習講座 「かな書を楽しむ」  今回は 俳句を書く稽古でした

1回目は 半紙に好きな俳句 自分の俳句を 書く稽古をし

2回目は 色紙に書く稽古をしました

 DSCF7207-800.jpg

 ↑ は  市販の練習用色紙や 手製の色紙に

芭蕉 蕪村 一茶 子規 などの有名な俳句を書いた 見本作品 

受講者の方は 初心者から経験者まで 俳句を趣味とされる方 多く

上手に書くというより その方の個性を大事に ゆっくりと丁寧に

また読み易く 原文どうりを目標に 約2時間かけて 仕上げました

↓ は 見本作品を 拡大

DSCF7031.jpg

   菜の花や月は東に日は西に  蕪村

 DSCF7025.jpg

 蠶(蚕そら)豆の花に追はれて更衣(ころもがへ) 一茶

DSCF7024.jpg

  古池や蛙飛こむ水の音  芭蕉

DSCF7046.jpg

 古池に水草の花さかりなり  子規

DSCF7007.jpg

   閑さや岩にしみいる蝉の聲(声)  芭蕉

DSCF7047.jpg

  大原や蝶の出て舞ふ朧月  内藤丈草

DSCF7051.jpg

  蓮の花少し曲るも浮世哉   一茶

DSCF7626.jpg

 あの月(月の文字は 写真の月を文字にみたてて)を取ってくれろと泣く子哉  一茶

(和歌の一文字か二文字を絵など表現しわざわざ文字を省略した古筆を参考に)

DSCF7044.jpg

   もてなしの心を花に語らしめ  虚子

 銀座では 第32回 日本詩文書作家協会書展が 開催されていました

  DSCF7631-300.jpg

今回は 俳句と書の世界 として たくさんの書家の俳句作品 

俳人の書は 現代俳人の作家が 色紙に書かれた俳句が展示されていました

同じような書風の作品の多い書家作品とは違って 

俳人の書は それぞれお人柄を想像する楽しみのある作品多く 

ご自分の俳句作品を大事にされて書かれている作品 

あっさりとさらりと書かれている作品 など

俳句の鑑賞とともに書に興味深く拝見させていただきました




トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トラックバック 0