So-net無料ブログ作成

時代を映す仮名のかたち 展へ [展覧会]

 出光美術館へ 開館50周年記念 「時代を映す仮名のかたち」 

国宝手鑑「見努世友」と 古筆の名品  展覧会を見てきました

いただいたチラシには

たおやかで優美な平安、明確で厳格なかまくら、端正さの緩んでゆく南北朝、重厚で立派な印象の室町。仮名のかたち、書様は時代によって大きく異なって見えます。・・・・・・・

と書かれています この続きは  ぜひ ↓ をクリックして 御覧ください

 http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

 ↑ のなかに 「展覧会のみどころ」をクリックすると

「古筆と和歌史を関係づけたユニークな後世の展覧会です」 と解説が続きます

会場で 解説を読みながら ゆっくり拝見すると 一時間はすぐ経ってしまいます

やはり平安時代の古筆の繊細さ 優雅さに感動しました 

鎌倉時代や室町時代になりますと 文字よりも料紙や 短冊など

に目がいきました

サービスのお茶をいただきながら 皇居を見下ろしつつ 

繊細で感性豊かな日本人の美意識に思いを馳せました

IMG_1010-500.jpg

IMG_1008-500.jpg

IMG_1012-500.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トラックバック 0