So-net無料ブログ作成

通りすがりの記憶 [フォト書(短歌)]

   IMG_3839-500-1.jpg

 

     今年の歌会始のお題は「野」でした

 

     古事記の中に歌われている 弟橘媛の歌 

 

       「さねさし相武の小野に燃ゆる火の 火中に立ちて問ひし君はも

 

     この歌に詠まれている小野が わが家の近くといわれる説があります 

 

     通りすがりに撮ってあったこの小野の野邊の写真を加工し

 

     プリントアウトした和紙に

 

     傘寿の記録「通りすがりの記憶」として

 

    「野」を詠んだ短歌を書いて帖にしてみました

 

 

   DSCF3417.jpg

 

   古事記なる野火に遭ひたる相武小野燃ゆる色して初日昇り来

 

 

   DSCF3418.jpg

    

         夕映えのさねさし相武の野にたちて傘寿の峠如何に越ゆらん

 

   DSCF3423.jpg

 

      今は昔「野菊のごとき君なりき」囁かれしは二十の春

 

   DSCF3428-2.jpg

 

        秋の野辺そぞろ歩きの楽しさを草花添へて仏に語らん

 

    

   DSCF3438.jpg

 

   暮れ泥む小野玉川の岸辺には地蔵かこみて咲く曼珠沙華 

 

    DSCF3437.jpg

   

        相模野の雪降りしきる山寺の大樹の洞の虚空蔵菩薩 

 

    DSCF3439.jpg

 

          吹き荒ぶ野風に遊ぶ枯れ芒ケセラセラよと凹んでる吾に

 

 

   DSCF3426.jpg

 

    風まぜの雪野に同化する形の山頭火らしき白鷺一羽

 

 

    DSCF3442.jpg

 

           朝まだき小野玉川の岸の辺を霧隠れ行くそぞろなる人

 

 

  DSCF3443.jpg

          

             銀座へと弾む道野辺虹立ちぬ今日はよきこときっとあるらむ

 

 

   DSCF3451.jpg

 

     タンポポの白き冠毛ふわふわと野遊びしながら旅を待ちをり

 

 

   DSCF3445.jpg

 

            古里は印南野といふ万葉歌の地へ帰ることなく半世紀

 

 

       DSCF3452.jpg

 

             シカという野口英世の母の文その一途さに涙かすみぬ

 

    DSCF3453.jpg 

 

           秋仕舞ふ煙の如く時流れセピアの記憶枯野となりぬ

 

 

   DSCF3436.jpg

 

       春桜夏百千鳥秋佳月冬枯芒吾故郷小野

 

 

                                     

    

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トラックバック 0