So-net無料ブログ作成

第62回毎日書道展  [書道]

東京新美術館で 第62回毎日書道展開催中

P1160798-1.jpg

 

  会場風景

P1160804-1.jpg

 

今年の特別展示は 「松井如流先生の書・学一如の生涯」

漢隷の作品 大字書 のほか自詠の短歌の作品が数点

 「おほ松の木立の中の白き道蝶の一つとなりゆきたし」

 「いくたびの雲かがやけるゆうまぐれあすへの生きをわれに信ぜん」

短歌の本を出されていたことは知らなかったもので 展示本の中の短歌を

読むのも愉しいひと時でした

なによりも興味深く拝見したのは

 川端康成 上田桑鳩などの書簡 

また安藤聖空 田中塊堂 堂本印象 宮柊二

窪田空穂  小杉放庵 熊谷恒子 東山魁夷 ・・・・・

の方々の「はがき」や「封筒の表や裏書」の住所名前の文字に

惹かれました

 

 

P1160862.jpg

 

 

今回の私の作品 

P1160819-800.jpg

「平安の式部源氏に書かれゐし仮名文字のおもひ今も変らず」 さねさし

 

1000年も前に書かれた源氏物語の中に 文字や 手(書)に対する紫式部の

考えが 「梅が枝」や「帚木」などに書かれています

上の写真 模様のように見えるところは 「帚木」に書かれている箇所を

書いてみました

言葉は 右上から 書き出し 左へ つづいて 下部右から左へと書き進んでいます

「手を書きたるにも 深きことはなくて ここかしこの 点長にはしり書き そこはかとなくけしきばめるは うち見るに かどかどしくけしきだちたれど なほまことの筋をこまやかに書きえたるは うはべの筆消えてみゆれど 今ひとたび取りならべて見れば なほ実になむよりける はかなきことだにかくこそはべれ まして人の心の 時にあたりてけしきばめらむ 見る目の情をば え頼むまじく思うたまへ得てはべる  源氏物語 帚木より」

と書いてあります

意味は 

「 字を書くにしましても 深い素養はなくて あちらこちら 点を長く引っ張って走り書きし どことなく気取っているようなのは ちょっと見ると 才気があっておもしろそうだけれども やはり本格的な筆法がしっかり書けているのは うわべはぱっとしないようでも もう一度両方を比べてみるとやはり実力のあるものはすぐれています ちょっとした趣味上のことでもこんなふうなのです まして 人の心はその場その場のおもわせぶりな目先だけの愛情を頼りにはできまいとわかりましてございます」

  (源氏物語評釈 玉上琢弥氏 解説から引用させていただきました)

 

 昔紙が貴重だったころ 写経などを書いた裏や また一枚の紙に書いているうちに次々と書きたいことを余白に書きこんでいった 仮名消息という形に書いてみました

源氏物語には紫式部の かな文字や紙 墨の色 筆の遊(すさ)びなど

書に関する思い・考えが随所に書かれています 

その考えは 私が仮名書道に対する思いとまったく同じ思いのところが多々あって 式部はもう千年も前から現代の書に通じることを書いていられることに感動しました 

というより 平安時代の紫式部の考えが細々と今も受け継がれているといったほうがよいでしょうか

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

倉敷 大原美術館や 矢掛へ  [書道]

朝5時前には家を出て 小田原から新幹線で岡山へ

乗り換え倉敷へ

P1150863-500.jpg

清音 から 

P1150867-300.jpg

 

一両だけのかわいい電車に

 

P1150899-800.jpg

 

P1150888-800.jpg

 

 

  P1150919-800.jpg

      いくつものトンネルをこえ

 

矢掛駅に到着

P1160081-800.jpg

 

歩いて10分くらいで

矢掛郷土美術館に到着

P1150989-800.jpg

 

田中塊堂展が開かれていました

書家として有名な塊堂先生がこの矢掛でお生まれだったとは知らず

また展覧会が開かれていることすら知らないで行きましたので 

とてもうれしくゆっくりと

写経の見事さ 自詠のお歌などの細字 大胆な大字かな作品や

   「 長寿    八十翁 塊堂」

   「 後ろ手に人渉る春の水 」 虚子句

  など拝見することができました

 

 

あと 国指定重要化財 矢掛本陣石井家へ

 

P1160120-800.jpg

http://www.town.yakage.lg.jp/honjin/index.html

 

ボランテアの方からいろいろ楽しいお話を伺うことができました

P1160070-800.jpg

   入ったところから外に向かって

P1160044-800.jpg

     御成門 お庭側から

P1160049.jpg 

   みごとな 欄間

P1160066-800.jpg

      宿札 (関札)

勅使や高僧 幕府役人や 大名が宿泊時に門前にかかげ宿泊していることを

示す札です 宿泊する側が 用意するため「御」や「様」は書かれていません

宿側が用意した場合は 写真左から2番目のように「御」や「様」が入っています

   「勅使梅渓中将小休」

 

   篤姫もお泊りになったとか

 

ほとんど観光客には会いませんでした

静かで ゆったりと時間が流れるような

本当に癒されるいい町でした

 

 

 

倉敷にかえり落日を眺めておりました

IMG_4219-800.jpg

 

 

 

倉敷の美観地区は 矢掛と違ってたくさんのお店がありとても賑わっておりました

IMG_4254-800.jpg

 

 

IMG_4257.jpg

 

      夜の大原美術館

 

大原美術館 ↓

http://www.ohara.or.jp/201001/jp/index.html

 

 

 

 

ワンちゃんたちの合唱中か? 楽しそうと 行きずりに ぱちり  ↓

IMG_4291-800.jpg

 

 

 

追記

5月19日 夜10時からNHKで 歴史秘話ヒストリアの番組に

「奈良の魔法使い ミスター遣唐使 吉備真備」 放送されました

矢掛へ行く途中に 「吉備真備」駅が

P1150892-300.jpg

遣唐使「真備」はこの町が故郷で

日本の歴史公園100選にも選ばれているそうです

立ち寄らなかったことが悔やまれます

 

P1150891-1.jpg

この駅のホームに 有名な書家「村上三島展」のポスターが 貼られていました

 

  

 

 


nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

古筆 継色紙 (東京国立博物館) [書道]

東京都博物館 本館 2階 茶の美術 4室に 展示されていた 

継色紙 一幅     (4月11日まで)

重文 伝小野道風筆 平安時代 10~11世紀 

今まで拝見したこともなく 二玄社や 書芸文化社で発行されている本にも納められていない 個人の方所蔵されている継色紙でした個人蔵であるため 写真撮影は禁止でしたので 手帳に書きとめてきたのを参考に 臨書風に書いてみました

P1150532-1000.jpg

 「古今和歌集」巻十一 471番 紀貫之の歌

恋 一

よしのがはいはなみたかくゆく水のはやくぞひとをおもひそめてし

 

右ページ

  恋 一 

   よしの閑者  い者那見 多可倶 ゆく水の  

左ページ     

    者や倶素 悲とを 於母ひ處 め弖し

 

もとは粘葉本の冊子本 二つ折にした紙に歌一首を散らし書きにして2紙をついでいるようにみえることから継色紙と呼ばれています 

糊付けのない見開きにのみ書かれ 1ページには和歌の半首分が書かれていて 次の裏面にはかかれなくてその次のページに書かれています 

紙は 茶 緑 藍 黄色 などの染紙を交用して綴じられています

字母 「ぞ」に 「素」という珍しい字が使われています

もう2度と見られないかと思う 久しぶりに感動を味わう 素晴らしい古筆でした

単眼鏡で見ないと見えないかもしれません

 

この古筆に感動された方の歌

平安の「継色紙」なる筆の跡 視つつ賞でつつ息のむばかり

  

下は 模造ですが  国宝の広目天立像

 筆や筆の持ち方 親指など興味深く拝見

P1330485.jpg

 

 

P1330488-1.jpg

 

 

P1330489.jpg

 

P1330487.jpg

 

 

庭園が開放されていました

 

P1330558.jpg

 

 


トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

かな書道作家協会展 秀華書展(第45回) [書道]

・創立50周念記念 かな書道作家協会展 が 10年ぶりに開催されました

P1140374.jpg

 

          私も出品しました ↓ 

    P1140365-2-1000.jpg  

  春の野辺蓮華菜の花咲き乱れひととき夢の極楽浄土

  夏の野べ渺茫として草しげる風のまにまに姫女苑のはな

  秋ののべそぞろ歩きの楽しさを草花そへて仏とかたらん  

     表具をなさっている方から頂いた 襖紙に書きました

  襖の大きさの作品です

 

 

・渋谷東急本店で 秀華書展が開催されています

 特別資料展示 古筆名法典宝展Ⅱ では

・伝紀貫之 高野切第一種 ・名家集切れ ・伝藤原行成 亀山切 ・松籟切 

・伝西行 小色紙 

など すばらしい古筆が展示されています

  

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

現代の書 新春展 ほか書道展めぐり [書道]

新春の書道展をめぐってきました (卯年の記事は→http://sanesasi.blog.so-net.ne.jp/

 IMG_1459.jpg

     毎日書道展審査会員 60歳以上の先生方のお作品 

     入り口「寅」 を出品者の作品が展示されていて (ここは写真を撮ってもよいとのことで)

     右端から

P1130739.jpg

 

 

P1130754.jpg

 

左端から

P1130763.jpg

 

部分を大きくして

 

P1130756.jpg

 

 

P1130739-1.jpg

     

 

 

  ↓ は同じビルの7階で

IMG_1457.jpg

       雅涎会は丑年生まれの作家たちの展覧会

 

 

      IMG_1455.jpg

        書塔社新春展での席上揮毫中 盛況でした 

      読み易い わかりやすい 親しみやすい作品がたくさん

      

 

        銀座和光ホールの31人展 1階入り口のポスター

     IMG_1471.jpg

 

 

P1130784.jpg

    昨年の毎日書道展の審査をされた先生方のお作品展示販売され 

    売り上げの一部は寄託されるということです 

 

   P1130770.jpg

 

  

              P1130767.jpg

 

        この展覧会に出品しました作品

 

    sanesasi2-800.jpg

    

      相模嶺はこころのまほろば残光に墨彩と変わり行くなり  さねさし

 

 

          展覧会はチャリテイー書展のほかは終了しました

 

 

 

 今日から 小さなギャラリーですが

 今年の歌会始のお題 「光」 をテーマにした作品が展示されています

 

     P1130773.jpg 

 

  P1130788.jpg

 

  私も全期出品しております お近くでお時間がおありでしたらお立ち寄りくださいませ 

  (16日はおやすみ)

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フォト575を書で [書道]

飄々と.jpg

         

          飄々(ひょうひょう)と心定(き)まらぬ秋のくれ    

 

書の稽古を始めていつの間にか40年以上経ってしまいました

毎日書道展などでは 仮名部に属しておりますので 書作品は

万葉集や 古今和歌集などの和歌や 俳句を主に題材を選び作品にしてきました

数年前から 八木重吉の詩を 風景など写しておりました写真をプリントした和紙に

書いて楽しんでおりました 

しかし有名な現代の詩や童話などは著作権が厳しくなりましたので 

書きましても許可をいただかないと発表が出来ません

そこで 自分で 作った 俳句や 短歌を自分で写した写真に書こうと思い立ち 

写真 俳句(短歌) 書の融合を試みておりました

 

上の作品は  NHKBS2で「カシャッと一句フォト575」に  応募したもので

番組で紹介していただきました

 

 

霧流れ.jpg

           

          霧ながれこころの迷路となりにけり

 

 数年前 志賀高原に行きましたときに撮ってあった写真そのものに書いております

NHK教育テレビ 月曜日夜10時から 趣味悠々 「小倉百人一首を書こう」という番組が

放映されています

その 仮名の変体仮名という文字を使って 書いております

 

P1090553.jpg

 

          煩悩をつみ重ね来し秋の風

 

 

七十路は.jpg

 

          七十路(ななそじ)は人生の華花すすき

 

 数年前 箱根の仙石原の 風に揺れるススキに感動いたしましたのに今の心境を

 

 

 

 

人生の哀歓-1000.jpg

           

          人生の哀歓かさね年暮るる

 

皇居の石垣です 石が大好き 特に何百年経た石垣には心打たれます

 

 

 

人生の扉.jpg

 

          じんせいのとびらをちょっととじてふゆ

 

七十代は華と思いつつも 人生の扉はちょっと 閉じかけているような

季節に喩えると 冬に入り始めたかと感じております

 

私の持念仏が近くにいらっしゃいます

お願いごとで詣でますと 扉がしまっていたり 少し開いていたりして

仏さまのお顔やお姿を拝せなかったりします

私の考えが間違っているのか 厳しいお顔をなさっていたり

悩んで行ったときには 明るいお顔で 慰められたりいたします

 

写真を撮る楽しみ 句や短歌を作る楽しみ 撮った写真を加工する楽しみ

書として作品を完成させる楽しみ

                              忙しい毎日です

 

お暇でしたら 夏のフォト575の記事↓ も見ていただければ嬉しいです

    http://sanesasi.blog.so-net.ne.jp/2009-07-07

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

書道展のお知らせ [書道]

     ○ 吹筆会展のお知らせ

P1090288.jpg

  特別コーナーとして 先人の書 が日替わ 一点づつ 展示されます

          書家 日比野五鳳  

          歌人  会津八一 

          画家  熊谷守一 

          画家  安田靫彦          

          画家  小杉放庵

     あまり拝見出来ない 画家の書がみられます

         福地桂玉〈毎日書道展参与会員) 吹筆会会員  ほか

     私は 友情出品です

     銀座へお出かけの時にお立ち寄りくだされば 嬉しく思います

 

     場所は

    P1090287.jpg

 

 

     ○第60回連合書道展  特別企画事業として 関東女流書展 

      東京都美術館で13日から19日まで開かれました

      私は 関東女流書展のほうに出品

      ↓ が出品した作品です

 P1090436-600.jpg

      書画が芸術としての位置を占むるには  

    調和 綜合  統制  諧協  円融  純真  撲茂  

    枯淡  周緻  閑寂  童朴  蒼古  繊細

      等々の要素を要す

      黙蜂手記より

    

    尾崎黙蜂氏は 女流書家故森田竹華氏の父で文人で書の指導もされていました     

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

京都のお寺の扁額などの文字 [書道]

梅雨の晴れ間 先月 京都で開催中の 水穂書展を見に行ってきました

IMG_1558.jpg

平安神宮のすぐ近く 京都美術館へ

日比野光鳳先生や 土橋靖子先生の素晴らしい作品を 拝見

天井の高い立派な美術館で 大作を拝見できましたこと とても嬉しく思いました

いただきました図録を帰りの新幹線の中で拝見している間に

あっという間に帰途に着いてしまいました

     P1080421.jpg

 

IMG_1571.jpg

 

水穂書展を拝見する前日 京都のお寺を散策しました

お寺で見ました扁額や 石塔の文字 をまとめてスライドにしました

展覧会場の作品文字とは又違った文字の美しさ 力強さ 歳月に風化した文字

難しくて読めない文字など 景色とともに楽しみました

 http://picasaweb.google.co.jp/hanasusuki/aZpiaC?authkey=Gv1sRgCLzFqIbZh5ufGg#slideshow/

 

お暇でしたらどうぞ 

東福寺や 伏見稲荷 若冲のお墓のある石峰寺などの写真です  

↓  見ていただければ嬉しいです

http://picasaweb.google.co.jp/hanasusuki/wiBnmJ?authkey=Gv1sRgCKbX7PHL9b2bJw#slideshow/

 

 

 


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

山頭火句 さくらさくらさくさくら ちるさくら [書道]

DSC_5981.jpg

 日本女子大学 西生田生涯学習センター

かなの美を求めて の今期はじめての講座

桜満開 春爛漫の今日

山頭火の句   さくらさくらさくさくら ちるさくら

をお勉強しました

下は書き上げた作品

DSC_6040.jpg

 

DSC_6037.jpg

 

DSC_6025.jpg

 

IMG_0542.jpg

 

DSC_6041.jpg

それぞれ 個性溢れる楽しい作品に仕上がりました

P1040303.jpg

 

 

DSC_6104.jpg

 

 

「春爛漫」 桜の花の写真などを  スライドにしてみました

↓をクリックして見ていただければ 嬉しいです

http://picasaweb.google.co.jp/hanasusuki/DnSgtJ?authkey=Gv1sRgCLao-rfn7NiC7gE#slideshow

 

 

 

 


nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

神奈川書道まつり [書道]

昨日 横浜ランドマークタワーで開かれている 神奈川書道まつりに行ってきました

ちょうど 席上揮毫中でした

P1030718.jpg

 

P1030722.jpg

 

P1030725.jpg

 

P1030742.jpg

 

P1030745.jpg

 上の席上揮毫されていられる方は 

今朝の毎日新聞の記事には 外国の方で

中国宋代の書家米芾の臨書されているところ とか

 詳しくは↓の写真(今朝の毎日新聞の記事 お借りしました)

IMG_0339.jpg

前日には 神奈川県知事の 揮毫があり

「先進力」 と 「共働力」をかねた 「神奈川力」と

お書きになったそうです

詳しくは ↓ (毎日新聞の記事おかりしました)

IMG_0349.jpg

 

高校生はがき作品展もありました

P1030736.jpg

 会場風景の一部

DSC_4858.jpg

 

ラウンドパークプラザでの会場は人どうりも多く通りすがりの方にも見ていただける

という利点があり 書に興味を持っていただいたり 底辺の広がりになるかもしれないません 

学校や地域の文化祭のような感を抱く 名前のとおり書道のおまつりでした 

 

 

 


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート