So-net無料ブログ作成

かな書を楽しむ (百人一首を書いて粘葉綴じの冊子をつくる) [かな書を楽しむ]

市の輝き塾講座の 「かな書を楽しむ」で

百人一首を書いて 平安時代の本の装丁の一つ 粘葉綴(でっちょうとじ)の

冊子本に仕上げる ことになりました

DSC_8049-300.jpg

 

DSC_8057.jpg

 ↑ 料紙を二つ折にした見ひらき部分 

 

 ↓ 二つ折にした背の部分 2枚を 四ミリほど糊をつけて 貼ったところ

DSC_8073.jpg

 

DSC_8069.jpg

持統天皇の この歌は

百人一首では

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふあまのかぐ山

万葉集では

春すぎて夏来たるらし白栲(しろたへ)の衣乾したり天(あめ)の香具山 (巻1)

万葉集は 漢字ばかりで書かれていました 原文は

春過而 夏來良之 白妙能 衣乾有 天之香來山

古事記や日本書紀も 中国から入ってきた漢字で書かれています

漢字で日本語を書きあらわすやりかたを 「万葉仮名」と呼ばれています

DSC_8059.jpg

山部赤人の歌

田子の浦にうち出でてみれば白妙のふじのたかねに雪はふりつつ

万葉集では

田子の浦ゆ打ち出でて見れば真白にぞ不盡の高嶺に雪は降りける 巻3

万葉集全講 著者 武田祐吉 の本の 書きくだし文は

 

田児の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ不尽の高嶺に雪は零りける

原文は

 

田児之浦從 打出而見者 眞白衣 不盡能高嶺 雪波零家留

 

「雪はふりける」 雪が降ってあった 積もっているのを見て詠んだ歌

 

と注釈があります

DSC_8075.jpg

 ↓  粘葉綴じや 襲綴じなどの冊子本 

DSCN3804.jpg

 

百人一首 を全部書き上げるには 1年くらいかかるところ 4回だけの講座です

歌は最初の十首だけを 一冊に仕上げることになりました

本にする前の 書き方の練習用見本

DSC_8040.jpg

 

DSC_8038.jpg

 

DSC_8041.jpg

 

DSC_8043.jpg

 

DSC_8045.jpg

  粘葉綴の冊子本として有名なのは 

国宝の継色紙 ↓(東京都国立博物館)があります

http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=B2459&t=type&id=24 

 

粘葉綴の方法は 

料紙を半分に折って 背の方を 糊で四ミリくらい 貼るだけの簡単な 装溝です

現在 表裏両面に 書くことができる 練習用の料紙が手に入りにくいのが難点です

練習用料紙(表だけ)や コピー ワープロ用和紙に古典風模様を表裏に

印刷したものをつかいました

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トラックバック 0