So-net無料ブログ作成

フォト575 NHKBS2 2009年7月放送 [フォト俳句]

7月6日から フォト575が始まりました

 詳しくは ↓をクリックしていただければと思います

http://www.nhk.or.jp/photo575/

作品ギャラリーを クリック  バックナンバーの7月6日をクリックしていただくと

応募いたしました私のが ↓ 出てきます

 

心から.jpg

         心から話せる人の居て涼し   さねさし

 

 

このところ写真を撮っていますと この時に この天気に等々 居合わせたこと

などの運を思うようになりました

上の写真も偶然に撮れた写真です  

句はよき友 よき先輩 いい人たちに恵まれいて生まれた句ですが

今回もいろいろな方たち 選んでくださった武田先生 坊城先生たちの

御蔭と感謝しております 

追記  2010.7.16 

平成22年7月2日に放送されました キングof殿堂の決勝進出の 4点のうちの1点に選ばれました

放送は 7月30日(金)BS2 8時からあるそうです

 

下の作品は同じ日の 入選に入っております

夫婦して-600.jpg

                 夫婦して詣でし後の菖蒲哉

明治神宮に行きましたとき 駅から神宮橋を渡ります橋に 名前が書いてあります

片方には 「神宮橋」 もう片方には 「志゛んぐうばし」と書かれています 

簡単にいえば

書道では 漢字を 「男手」 かなを「女手」 と呼ばれています

「志゛んぐうばし」の 「志」は 昔から 明治時代まで使われていた 今では変体仮名と

呼ばれている字で 「し」です この志に濁点「゛」がついています

写真は橋の名前のところだけをカットして 明治神宮の菖蒲園の菖蒲の写真に

のせてみました   男手と 女手とを夫婦として 句にしてみました

 

 7月9日  入選のフォト575

葬送曲-700.jpg

        人生の葬送曲を聴いており    さねさし

このところ 壊れかけたもの 風化したものに目が吸い寄せられていきます

日向薬師の近くに 100年ほど前 山津波でなくなってしまったお寺の址があります

その址から 数十年たってから 掘り起こされた 頭部のない六地蔵を見ました時

思わず涙が滲みました

DSC_5186.jpg

その後ろのほうに 壊れかけた椅子が一脚 この椅子に妙に心動かされてしまいました

P1030891-1-500.jpg

 

  七十代に入り ふと よぎる人生のこんな一コマもあってもいいなあと 句にしてみました

 

7月16日 入選

美しき人癌.jpg

           美しき人癌と知る梅雨の入り      さねさし

 

親しい人が 乳がん と聞き ショックを抑えきれませんでした 

雨の雫が2滴 ちょうど胸にみえ 

一つの雫が癌に侵されているように思え 句にしてみました

 

7月20日  入選 

二道.jpg

         二道にいつも迷ひし京の夏    花芒

 投稿名 「花芒」 で出してみました

京都の伏見稲荷に行った時の写真

「二道」 よりも「分かれ道」にすればよかったと 反省中

今日のテレビ放送中 伊集院氏がおっしゃったとまったく同じ気持ち

いつもどちらにするか どれにするか選ぶ時迷ってばかり

迷った挙句に 後悔をしたり 又とらなかった方の道だったらと想像したり

迷いの人生を送っております

 

7月23日 入選

初恋.jpg

             初恋の芽生えしころや花菖蒲   花芒

近くの  田んぼの一角にある 「あやめの里」 へ 

保育園の園児たちは お花よりも お友達と楽しく

老人ホームのお年寄りの方たち窓から お花をみたり 園児たちを見たり

楽しんでいらっしゃいました

 

↓は写生に来た小学生たち 描き終えて学校へ帰るところ 

遠蛙.jpg

        

7月27日 入選

DSC_8018.jpg

蝉生(は)れし夢のやうなる色作(な)して さねさし

昨年夏我家の庭で生れました蝉です

蝉の羽化を記事にしています ↓を 見ていただければ嬉しいです

http://sanesasi.blog.so-net.ne.jp/2008-08-07

 秋のフォト575は ↓ をクリックしていただければ嬉しいです

http://sanesasi.blog.so-net.ne.jp/2009-12-11

 


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 7

コメント 5

こぎん

家は・・・ある日突然、BSが映らなくなったんですよ~。
デジタルに移行ですし、買い換えようと思いつつ・・・実行できずに居ますが・・・
エコポイントがつく間に買わないと!

写真も俳句も見つめる眼差しと思考を鍛えてくれますね~。
とってもいい趣味だと思います。
by こぎん (2009-07-08 06:31) 

aranjues

こういう瞬間を感じ取る感性を
私も磨きたいとは思うのですが、、。
素敵な写真と句です。
by aranjues (2009-07-08 09:06) 

sanesasi

こぎんさま

我家のテレビも 突然映らなくなり たたくと戻るのですが それもいよいよ末期状態 昨日はばんばん思いきりたたきましたら見えるようになりました

こぎん様のおっしゃるように 写真も 俳句も書もものを見る目 考え方 また調べる等々 とっても脳トレにはいいように思いますが しかし脳の老化 忘れることのスピードに追いつきません 


aranjues さま 
ナイスコメントありがとうございます
写真を撮っているときに これはいいと思う対象が見つかったときには心躍ります なかなか思うように上手に撮れませんが 瞬間のわくわく感は生きているという実感 至福を味わいます 書では苦しみますね
by sanesasi (2009-07-08 21:51) 

実行委員 牧田

「感性はがきコンクール」のご案内

sanesasi様、こんにちは。初めてコメントさせていただきます。

私は、「越前大野感性はがき展」のPR担当スタッフの牧田と申します。「越前大野感性はがき展」は、福井県大野市が主催する市の文化事業です。テーマ(お題)に対して、はがきサイズの作品を自由な発想と手法で作ってもらい、応募してもらうというなんともファジーなコンクールです。

第6回目となる今年のテーマは「星」。「星」にまつわる多くの人の想い、感動、夢、思い出が込められた作品(メッセージ)が、一枚でも多く応募いただけることを期待しています。

しかしながら、「感性はがき展」は知名度がまだまだ低く、全国的にはマイナーなローカルイベントに過ぎません(ネーミングもちょっと紛らわしい)。そのため、企画に関心を示してもらえそうな団体や個人の方々に対し、このような案内を送っております。

このメールは、ブログ主様がフォト575をやっているようなので送らせていただきました。是非、作品のご応募をお願い申し上げます。
また、ご友人やご家族の方々に当コンクールのことをお話いただけると助かります。

何かとお忙しいところ恐縮です。是非ともご協力くださいますようお願い申しあげます。

詳細については、公式HPをご覧ください。
by 実行委員 牧田 (2009-07-10 21:22) 

ハイマン

梅雨明けしましたね^^
またフォト575作って見るかな~
by ハイマン (2009-07-18 09:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1